腸内環境と糖尿病の関係について

最近は腸内細菌の美容・健康上の重要性について叫ばれるようになってきましたね。

腸内環境が乱れてしまうと、下痢や便秘などの排便トラブルだけでなく、様々な健康被害を引き起こしてしまいます。

そしてその一つが糖尿病です。え、腸と糖尿病に関係があるの?と、ちょっと意外に思うかもしれませんね。

そもそも、糖尿病になってしまう原因は、インスリンというホルモンの分泌量が減ったり、うまく働かなくなってしまうことにあります。

インスリンは、食後に分泌されることで全身の臓器細胞にブドウ糖を取り込むはたらきがあるのですが、もし分泌量が少なかったりうまく働かないと、ブドウ糖を細胞に取り込むことができなくなり血糖値が上がってしまうのです。

そして、腸内環境のバランスが乱れてしまうと、腸管のバリア機能が低下して血液中に腸内細菌が流れ込んでしまい炎症を起こしてしまいます。炎症が起こると、インスリンが体の中で効果を発揮しにくくなり、血糖値が上がりやすくなってしまうというわけです。

実際、マウスを使った実験では、糖尿病のマウスと健康なマウスの腸内を比較したところ、糖尿病のマウスのほうが腸内の悪玉菌が多かったという結果が出ているそうです。

腸内環境を整えるには、食物繊維の豊富な食品や乳酸菌、オリゴ糖などを積極的に摂るのがおすすめです。

また、肉類を食べ過ぎないのも大事。肉などの高タンパク高脂肪な食品を食べ過ぎると、腸内の悪玉菌が増えてしまうからです。

やはり基本的には和食を中心としたメニューがおすすめだと言えますね。

風邪によるのどの痛みを治すには

風邪は、喉の痛みから始まることが多いものです。

この痛みは、鼻や口から侵入した風邪のウイルスが喉に付着することによるものですが、昨晩は喉がちょっとイガイガするくらいだったものが、翌朝にはすごく痛くなっていて、そこから風邪が重症化していくことはよくあります。

眠っている間は、水を飲んだり、唾を飲みこんだりという喉の動きがないので、そのあいだにウイルスがどんどん増殖してしまうのです。

それを防ぐには、なるべく喉を加湿することが大事です。

加湿器があれば、寝ている間つけておくのが良いですし、なければ、揺らしたタオルをハンガーにかけたものを、部屋の中に吊るしておくだけでも効果があります。

また、ぬれマスクも有効です。ぬれマスクの水分がのどを潤し、ウイルスの増殖を防いでくれます。

ぬれマスクは一晩中効果が続くものが市販されています。

また、自分で作ることもできます。濡れたガーゼを絞ったものを用意し、それをマスクとマスクの間に、上を1センチくらい出した状態ではさんで、折り返します。

今日は喉が痛いかな、という夜にはこの自作のぬれマスクを付けて寝ると、翌朝には痛みがほとんどなくなっていることが多いです。

また、喉の痛みにはアロマオイルも有効です。

アロマオイルには、ラベンダーやティートリーなど、殺菌、抗菌作用があるものがあります。ちょっと喉が痛いなというときに、ラベンダーのオイルをアロマポットで焚いた部屋で過ごしていると、痛みが和らぎます。

「酒は百薬の長」って本当?

酒は百薬の長、と言う言葉がありますね。

でも逆にお酒を飲むことで肝臓疾患や胃炎・すい炎などを引き起こしたり、ガンや循環器疾患の原因になったりと様々な悪影響を及ぼしてしまいます。

健康のためには、お酒を全く飲まない方が良いのではないか?とも思ってしまいますね。「酒は百薬の長」という言葉は本当なのでしょうか?

結論から言うと、「飲みすぎにさえ気をつければ、健康上ある程度の効能はある」と言えます。

例えば血管を拡張させて血流を良くするほか、血液の脂質代謝を良くして善玉コレステロールを増やし、心筋梗塞などの冠動脈疾患のリスクを下げるという調査もあります。

そして、アルコールによるリラックス作用でストレス解消にもつながります。ストレスが様々な病気のもとになるのは良く知られていることですよね。

さらに、赤ワインにはポリフェノールが含まれており動脈硬化を防ぐ、ビールにはビタミンB2が含まれており美肌効果が期待できるなど、お酒の種類によってもそれぞれ違った効果が期待できます。

しかし実際のところ、日本人のおおよそ半分の人は遺伝的にアルコールを分解する力が弱いので、そのような人が無理にお酒を飲んでしまうと体に良くありません。

ちなみにこれは遺伝によるもので体質的なものなので、沢山飲めばアルコールに強くなる!というわけではないので要注意です。

なので、自分で「お酒に弱い」と自覚している人やお酒が特に好きではないという人が無理にアルコールを摂取する必要は全くありません。

お酒はあくまで、飲める人が適量を守って楽しくゆっくりと飲む、というのが健康に良い飲み方だと言えますね。

女性が骨粗鬆症になる原因と予防について

骨がもろくなってしまい、少しつまづいたとかくしゃみをしたなどのちょっとした動作で骨折してしまう「骨粗鬆症」。

この骨粗鬆症、特に閉経後の女性に多いものです。

というのは、女性ホルモンの一つであり「美のホルモン」とも呼ばれるエストロゲンの分泌が、閉経前後にガクッと減少してしまうから。

エストロゲンには骨細胞が生まれ変わる際に骨からカルシウムが溶け出してしまうのを抑制するはたらきがあるので、加齢により減少することで急激に骨密度が減少にしてしまうのです。

また、女性は特に男性と比べてダイエットで極端な食事制限をしてしまいがちですが、それも骨がもろくなってしまう原因です。

特に、骨にしっかりとカルシウムを貯めておいて丈夫な骨をつくるべき成長期に食事を減らしすぎて栄養不足に陥ってしまうと、歳をとってから骨粗鬆症になってしまうリスクが高くなってしまいます。

骨粗鬆症を予防するにはまずはカルシウムですが、それだけではありません。大事なのはカルシウムの吸収率を上げてくれるビタミンDを一緒に摂ることです。

ビタミンDが含まれる食材はサケやサンマ、卵や干しシイタケなどです。

また、ビタミンンDは、紫外線を浴びることで体の中で作ることもできます。特に女性はシミ・ソバカス予防のために紫外線ケアをしている人が多いと思いますが、全く浴びないというのもビタミンD不足に陥る危険性があります。

もちろん真夏に直射日光を浴びるというのはやりすぎですが、日陰でもある程度の紫外線はあるので、30分程度は日陰で過ごす、曇りの日や冬などの紫外線が弱い日は外でウォーキングするなど、ある程度は日光浴をすることが骨の健康につながりますよ。

睡眠について

先進国の中でも日本は特に睡眠時間が短いことで知られています。

仕事が忙しいとかついついスマホやパソコンで夜更かししてしまうなど、思ったように睡眠が取れていない…と言う人は多いはず。

でも実際のところ、睡眠不足になってしまうと肌荒れするとかぼーっとしてしまうなどの症状だけでなく、もっと深刻な健康被害が起こる可能性があるのです。

例えばガンや糖尿病、動脈硬化による循環器疾患などのリスクが上がることが海外の研究でわかっていますし、免疫力も低下して風邪をひきやすくなるだけでなく、様々な感染症にもかかりやすくなってしまいます。

なので、普段から眠りの質を高めるよう心がけることが、健康につながってきます。

まずはお風呂はシャワーではなくしっかりと湯船のお湯につかって体を温めるということ。ちなみにこの際、熱すぎるお湯ではなく40度程度のややぬるめのお湯がベストです。

というのは、人が寝るときには深部体温(体の内部の温度)が下がることで深い睡眠に入れるのですが、ぬるめのお湯に入ることで末梢血管が拡張して手足の表面からの熱放散がアップし、深部体温が下がりやすくなるのです。

この際、熱すぎるお湯につかってしまうと逆に体温が上がりすぎてしまい、寝つきが悪くなってしまいます。

さらに、運動をする際には朝ではなく夕方頃がおすすめ。運動することで皮膚からの熱放散を増やしてくれるので、夜にかけて深部体温が下がりやすくなり、ぐっすりと眠りやすくなりますよ。

自分に合った酵素ドリンクを

酵素ドリンクでのダイエットが流行っている今、多くのメーカーからも様々な種類の酵素ドリンクが売り出されています。
そのため、初めて酵素ドリンクによるダイエットを試す人にとって、どの酵素ドリンクが最も効果があるのか気になる人が多いです。
酵素ドリンクはメーカーによって味も違うため、購入する時には様々な商品と比較して購入するのが効果的です。

そのためには、口コミサイト等を活用して情報を得る事が必要になります。
口コミサイトとは、商品毎の詳しい説明や特徴などが記載されているほか、実際に試した人の感想も書かれています。
酵素ドリンクは飲み続ける事で効果を発揮するため、毎日飲んでも飽きないような工夫がされているのかを予め確認しておく事は重要です。
そして、特に味付けなどには気を配っておく方がいいです。

自分の好みの味付けかどうかは、口コミを確認する事で把握できます。
また、原液以外の飲み方ではどのように割って飲むのがいいのか、といった事も把握しておく事がいいです。

商品のHPには様々な事が記載されていますが、これらはメーカーによって作成されているものであるため、メーカーが携わっていない口コミの方が信憑性があります。
実際の効果についてもこのようなサイトでは、実際に体の写真や体重といった数字や図を取り入れて効果を説明してくれるため、購入者にとって商品の効果を購入前に把握しやすくなっています。

料理に酵素を入れてもいいの?

サプリメントなどでは、料理や飲み物と混ぜて摂取できるというものも比較的多いですが、酵素ドリンクの場合はどうなのでしょうか?
実は、酵素ドリンクはそのまま飲むだけでなく、料理に使用することも可能です。
がしかし、注意点は何点かあるので、その注意点について紹介したいと思います。
一つ目の注意点は、「酵素は熱に弱い」ということです。

どのくらい弱いかというと、50~70度程度の温度でも簡単に破壊されてしまいます。
ですから、酵素ドリンクを加熱調理に使用してしまうと、せっかくの酵素パワーがなくなってしまい、効果を実感しにくくなります。
絶対に加熱はしないで下さい。
ということで、酵素ドリンクを料理に使用するならば、加熱しない調理に利用しましょう。
方法の1つとしては、ドレッシングに利用するというのはどうでしょうか?

また、デザート感覚で、ヨーグルトに混ぜて食べるという方法も良いでしょう。
実際に、朝食として、ヨーグルトに酵素ドリンクを加えて食べているという方も結構います。
他にも、ゼリーやスムージーなどにも利用できますので、是非色々アレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか。
最後に、酵素ドリンクを利用したドレッシングのレシピを紹介したいと思います。

材料は、酵素ドリンク、お酢、しょうゆを各大さじ2杯、そしてごま油大さじ1杯です。
器に酵素ドリンク、お酢、しょうゆの順番で加えていって下さい。
最後にごま油をいれて、手早く混ぜていきます。
たったこれだけで、ごま油のよい香りがふわっと口の中で広がる、おいしいドレッシングの完成です。
ただ飲むだけでは飽きてしまうという方は、このように様々なアレンジを楽しみながら酵素ドリンクを摂取していければ、長期間の継続も苦になりませんよね。

酵水素328選を知っていますか?

酵水素328選という言葉、聞いたことありますか?今流行りの酵素ドリンクの一種になるんです。酵素ドリンクって、今若い女性の間で大人気ですよね。特にダイエットしたい人には、よく利用されています。

 この酵素水328選は、酵素と水素を使用しています。マイクロクラスターというマイナス水素イオンを含んだナノレベルのシリカとわずかなミネラルも配合したパウダーになります。このマイクロクラスターにより、水素をより確実に吸収できるようになったんです。

 女性に大人気の成分もたっぷり入っているんですよ。アサイー果汁や野菜のエキスなどです。体に良いものってあまりおいしくないというイメージがあると思うんですが、この酵水素328選に関しては街角アンケートを実施した際にも、ほとんどの人がおいしくて飲みやすいと答えました。味がおいしいという点で、お客さんに選ばれているというのは十分に考えられると思います。

 いっぱい酵素ドリンクが発売されている中で、自分にぴったりのものを探すのって結構大変です。いろいろ試してみなければ分からないということです。でも、この酵水素328選なら、口コミも多くリピーターが続出しているので、安心して購入することができるでしょう。

 毎日続けることで、体の調子の変化にも気づいてきます。生活が不規則で体のしんどい日が続くという人は、酵水素328選を飲んでみてください。少しずつではありますが、体の不調を改善していってくれます。酵水素328選を飲むのに加えて、夜更かしをしないように睡眠をしっかりと取るようにしましょう。

規則正しい生活を行うことで、酵水素328選の効果もきちんと表れてきます。家族みんなで飲んでみるのもいいと思います。